目指せ何でも屋

強くなりたい

Numpyがすごいなって思った話

僕の所属している部活では毎年年度末に「コンピューターフェスティバル」というお祭りがあるのですが、それに向けて最近Pythonで開発をしています

その中でNumpyという行列計算の大定番モジュールを使ったんですが、そのときNumpyの火力を久しぶりに再確認しました

僕がやったのは行列の各要素の平均値を求めることなんですが、Numpyのndarrayには.mean()という関数が用意されています

それを知らずに最初は各要素にアクセスし合計値を求め、要素数で割るという頭の悪いことをしていて、コード全体で5秒くらいかかっていました

そこを.mean()に変えると0コンマ数秒もかからず終わってしまったのでここ数時間感動しています

使い慣れている人からしたらそうでもないのかもしれませんが、使い慣れてない人間からすれば感動する理由はこんなもので十分なんですよね...